β-ラクタム系の抗生物は?

β-ラクタム系の抗生物は?

β-ラクタム系の抗生ものは?

お薬は、様々なからくりにて分類されますが、四角形のからくりをβ-ラクタム環と呼び、こういうからくりを有するバリエーションの抗生ものがβ-ラクタムチックと呼ばれています。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

細胞膜規格阻害薬
細胞バリヤの下における細胞膜へ作用するバリエーションだ。

 

細胞膜に盲点が解くなどする事で、バイキンの尽力入手の為に必要な大切な細胞を細胞外へって出してしまうことでバイキン本人の入手を出来なくする事で、バイキンを死滅させて仕舞うバリエーションだ。

 

蛋白クオリティー組立て阻害薬
蛋白クオリティーを合成する為に必要な臓器で「リボソーム」が有ります。

 

細胞が増加する為には、細胞解体を繰り返して増加していきます。細胞分裂する為には、新規細胞を組み立てるのに蛋白クオリティーがニードとして、古臭い細胞を新しく考える場合には、リボソームが必用だ。

 

そのリボソームの成果を阻害する事によって、新規蛋白クオリティーが作られなくなります。そうなると、バイキンは増加する事が出来なくなります。細胞バリヤ組立て阻害薬の場合と違う点では、人間の細胞にもリボソームが存在するのです。

 

ただし、リボソームにも部類があり、その部類を観る事でバイキンのリボソームだけに作用し、バイキンのリボソームだけに影響を与える事が出来るのです。

 

こういった蛋白クオリティー組立て阻害薬には、マクロライドチック、テトラサイクリンチック、アミノグリコシドチックといった抗生ものがあります。

 

核酸組立て阻害薬
こういう核酸組立て阻害薬は、蛋白クオリティーが作られる以前の段階で、蛋白クオリティーを仕掛ける為に必要などうして蛋白クオリティーを作れば良いかが書いてあるスキーム図解をDNAやRNAなどの核酸からリボソームが探し出す事で作られていきます。

 

その、核酸の組立て時点を治める事で蛋白クオリティーを作れなくして仕舞うバリエーションの抗生ものは、ニューキノロンチックといった抗生ものがあります。

 

葉酸組立て阻害薬
葉酸は俗称ビタミンB9と呼ばれ、個人もバイキンも生きていく為には必要なもので、細胞分裂する為には必要な養分だ。

 

なので、こういう葉酸を組立てを邪魔する事によって、バイキンの増加を削るバリエーションが葉酸組立て阻害薬だ。

 

人間のタイミング、葉酸はご飯で養分として手に入れる事が出来るので、パーソンは影響を受けない通り、バイキンだけに影響を与える事が出来るのです。

 

抗生ものは様々な部類に別れてあり、同士効果の見込める疾患先駆け菌が違う。どの抗生ものが最適なのかを眺めることがはなはだ大切です。

 

・ペニシリンチック       :大きい感染症へ便利 梅毒や淋病など
・マクロライドチック      :レンサ球菌感染症以外 クラミジアや淋病など
・スルホンアミドチック     :尿路感染症以外
・テトラサイクリンチック    :梅毒以外
・モノバクタムチック      :グラム陰性菌による感染症以外
・グリシルサイクリンチック   :おなか感染症以外
・アミノグリコシドチック    :大腸菌による感染症以外
・カルバペネムチック      :肺炎・敗血症以外
・ポリペプチドチック      :眼・耳・スキン・膀胱の感染症
・フルオロキノロンチック    :バイキン性下痢以外
・エタンブトール      :結核
・クロラムフェニコール   :腸チフス以外
・第1カテゴリーセファロスポリンチック:スキン関連の感染症
・第2カテゴリーセファロスポリンチック:息づかいケース感染症以外
・第3カテゴリーセファロスポリンチック:スキン関連の感染症
・第4カテゴリーセファロスポリンチック:シュードモナス感染症以外

・第5カテゴリーセファロスポリンチック:合成したスキン感染症以外

 

ジスロマック最前へ