クラミジアに感染した女性の様子

クラミジアに感染した女性の様子

クラミジアに感染した女房の病状

女房感染輩の約80百分比に自覚症状がありません。5人に1人の手法しか、自覚症状が出ないのです。クラミジアに感染した場合、女性はどういった症状が出るのでしょうか。

 

ジスロマック,アジー,通販,購入,市販,副作用,効果,即日

 

①骨盤以下感染症(こつばん無いかんせんしょう)
骨盤の中にある子宮・膀胱・直腸といった内臓に炎症が起こります。炎症を通じて土手っ腹に疼痛が起こり、出血始める場合もあります。

 

その中でも、子宮や子宮頸管の部分に炎症が起こる場合が手広く、感染帰路、1週~3週の潜伏歳月を経て症状が現れるケースが多いだ。

 

グングン悪化すると、お腹まで炎症点が広がってしまい、どんどん悪化すると、肝臓にまで炎症が達して仕舞うケースもあります。

 

また、急性疼痛にて、我慢できなく達する場合もあり、そういう状態になってから医者を受信しても、状況がクラミジア感染による売り物という特定が付きにくくなってしまい、医療が付くまでに日にちが加わり手当てが遅れる状況にもなります。

 

また、性交痛や生理以外の不公平出血を伴う場合もあります。

 

②臭気やおりものの仕度
クラミジアに感染した場合、香りがキツくなり臭気を伴う場合があります。

 

また、黴菌に感染するという、白血球などが入り交じることによって、イエロー・緑色・白くさいイエローなど、おりものの色に仕度が起る場合があります。違和感を感じたら、性感染症を疑問初期開発の為にも診療をください。

 

③女房不妊の原因に達する
子宮や子宮頸管に炎症が起こり、後遺症が残ってしまうと、卵子のコースが狭くなってしまったりする事で、排卵された卵子が通りづらくなってしまい不妊の原因となります。

 

また、子宮出先妊娠や流産の原因にもなるので、初期開発・早期治療が必要です。

 

ジスロマック表紙へ